水子供養センター 

水子供養の歴史

 水子は、かつては生まれてすぐに亡くなった赤子を指すこともありましたが、現在では流産や中絶、死産によって産まれることのかなわなかった胎児を指すのが一般的です。水子の由来は、間引きした赤子を川に流した風習から「水」をあてたとも、「見ず子」からとも言われています。1970年代頃から水子供養は全国的に広まったと言われています。
 昔の日本では、七歳までに亡くなった子どもは、もう一度生まれ変わりこの世で寿命を全うするようにとの願いや、一人前の人間としてみなさないとの理由から、死者を浄土に送る仏教式の葬儀は行なわれなかったといいます。現在でも、一般的に水子の葬儀は行われません。しかし、この世に産まれてこなかったとはいえ、母親にとっては、自らの体内に実感した小さな命であり、何らかの形で供養してあげたいと思うのは、当然の気持ちです。
 水子供養に欠かせないものとして、お地蔵様があります。地蔵菩薩は、六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天)を巡って衆生を救済する菩薩で、民間では、あの世とこの世の橋渡しをしてくれるとも考えられてきました。
 水子は親に先立つという親不孝によって地獄に落されるとも、賽の河原で迷って泣いているとも言われます。そこで、地獄の衆生をも救い、あの世へ導いてくれる地蔵菩薩が、水子を救うと信仰されるようになったようです。
 水子供養の方法は、特に定まったものがあるわけではなく、各寺院によっていろいろですが、お地蔵様を奉納し、寺院の法要で供養してもらうというのが一般的です。
 水子のたたりを気にされる方がいますが、仏教ではそのようなことを説くことはありません。たたりを怖れるのではなく、この世で生を全うすることができなかった我が子に対して、申し訳ないという懺悔や浄土で幸せに過ごして欲しいという願いを持って供養をすることが仏教的と言えます。そして、水子供養を通じて、命の尊さを学ぶことが大切です。

  • お申込みはこちら

水子のたたり

水子地蔵 水子のたたりはありません。 たたりを気にされる方がいますが、仏教の世界ではそのようなことを説くことはありません。たたりを怖れるのではなく、この世で生を全うすることができなかった子に対して、懺悔や浄土で幸せになって欲しいという願いを持って供養をすることが仏教的といえます。そして、命の尊さを学ぶことが大切です。

ご供養料

封筒 白い封筒をご用意いただき、ご供養料をお包みください。
表書き:上半分に「ご供養料」と縦書きでご記入いただき、
下半分には、お名前をフルネームで縦書きでご記入ください。
お二人でご供養される場合は、縦二列で同様にご記入ください。
お経が始まる前に、お寺様にお渡しください。
服装は質素な服装でお願いいたします。